あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

普段の歩き方を変えるだけ! 痩せやすくなる歩き方のポイント4つ

2017年02月02日(木)  読了時間:約3分
まずは普段の歩き方を少し意識してみては?
まずは普段の歩き方を少し意識してみては?
 誰でも挑戦しやすい、ウォーキングダイエット。でも、「なかなか目標体重まで落ちない」「体重は落ちたけれど、足や腰などの痩せてほしい部分に効果が出ない」と悩んでいる人もいるのでは? そんな方に参考にしていただくべく、「痩せやすい歩き方」のコツをウォーキングプロデューサーのOK和男さんに伺いました。

「大切なのは、いかに自分の身体を燃えやすくするかということ。姿勢をただし、身体にとって気持ちの良い歩き方をすると、同じ距離でもカロリー消費が変わってきます。決して特別な時間を作ってウォーキングしなくても、普段の歩き方を工夫するだけで1日トータルのカロリー消費には大きな差が出るんですよ」(OK和男さん)

 たとえウォーキングをしていない人でも、普段の歩き方を変えるだけでスタイルが変わってくることもあるようです。では一体、どんな歩き方をすればいいのでしょうか? OK和男さんに伺った内容をポイントごとにまとめました。


耳・肩・腰を一直線上に


「これは基本中の基本。背筋を真っ直ぐにすることで血行を良くし、代謝を上げます。肩と腰の位置に気を配る方は多いのですが、見落としがちなのは耳の位置。耳は頭の重心にあたるので、耳の位置が肩や腰の真上に来ないと負担がかかり、コリにつながります。その結果、歩行中の血行が悪くなってしまいます」(同)


歩行中は、肩甲骨と骨盤の動きを重視


「歩くときの脚の動きを良くするカギは、肩甲骨と骨盤です。左肩甲骨を後ろへ引くときは、左側の骨盤が前、右肩甲骨を引くときはその逆、というように、2つの連動する動きを意識しながら歩くと、体幹部分が運動し、体の芯から燃焼していきます」(同)


背中とお腹をくっつけるような意識で下腹部を引き締める


「ポイントはとにかく体幹を引き締めること。下腹部を引きこむような状態で歩くと、腹筋に力が入り、体幹が安定します。これにより下腹部のダイエットが促進されます」(同)


かかとから着地してつま先で地面を蹴るように


「足の冷えやむくみ解消に重要なのがこの動き。かかとから着地するということは、すなわちつま先をあげることにつながり、足首の可動を促します。すると下腿(ひざ下)の筋肉がポンプのように動くため、血液の循環が活発になり下半身の代謝がよくなります。足がなかなか痩せない人は、歩く際に足首が動いていないケースが非常に多いんです」(同)

 OK和男さんいわく、「フォームに気を付ければ、歩くだけでも全身の筋肉が鍛えられ代謝が上がります。その結果、歩行だけでなく、さまざまな行動において痩せやすい身体になりますよ。さらに痩せる効果を求めたい人は、通勤前やウォーキング前に簡単なストレッチと筋トレをするといいでしょう。筋肉にハリが出て姿勢がよくなり、より脂肪燃焼が促進されますよ」とのこと。


 日頃からウォーキングに励む人はもちろん、痩せたいけれど運動するのは面倒だし、料理は好きなだけ食べたいし…という人でも、普段の歩き方を少し変えるだけならチャレンジしやすいですよね。
(有井太郎+プレスラボ)
識者紹介
OK和男
ウォーキング・プロデューサーとして、タニタやヨネックスのオフィシャルアドバイザーを務める。心と身体を元気にするOKウォークを考案。延べ7万人を指導。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長