あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

これって遊ばれてる? 「本気」と「遊び」を見分けるチェックポイント7つ

2017年02月16日(木)  読了時間:約3分
もしかして…遊びなの?
もしかして…遊びなの?
 二人で出かけたり、時には体の関係も持ったり。でも「付き合おう」とは言われていない…。相手は本気? それとも遊びなの…? そこで、「遊び」か「本気」か、相手の気持ちを見分けるためのチェックポイントを、これまでの取材情報と周囲のリサーチをもとに以下に挙げてみました!


1、アクセサリー類のプレゼントをやたらと嫌がる

 以前、相手が「コレ欲しい」と言っていたネックレスやピアスなどのアクセサリーを、誕生日やクリスマスなどにプレゼントしても、あまり喜ばれなかった。むしろ困惑気味に、「つけなきゃダメ?」と言わんばかりの表情をされたことはありませんか? 「本気じゃない相手からの高価すぎるプレゼントは気が引ける」という女性の意見も多数ありました。


2、ケータイのアドレス帳の登録名が本名じゃない

 ふとしたときに目に入った相手のケータイのアドレス帳。自分の登録名が名字だけであったり、普段呼ばれていないニックネームであったり…。はたまた性別や名前を変えられていたりしたら、本名で登録したくない理由があるのかもしれません。


3、SNSアカウントを教えてくれない

 会話中、何気なく出てきたSNSの話。そのときに「アカウント教えて~」と気軽に言っても、「限られた友人にしか教えていないから」などと、頑なに拒否されたりしていませんか? これは、ほかの交友関係を教えたくないという気持ちの表れかも。「プライベートを見せられない」ということは、「本気」の相手ではないのかもしれないですね。


4、Facebookに写真をアップしたら怒る

 先程のmixiやtwitter と同じく、SNS上で自分との関係を人に伝えたくない、交友関係を明かしたくないという心情が垣間見えます。そもそも、2人で写真を撮りたがらなかったら、ほぼアウトかも…!?


5、自分からの誘いは断るが相手から突然デートの連絡がくる

 こっちがデートの約束をしようとしても、「今ちょっと忙しくて…」「その日は別の予定が入るかも」など曖昧な返事ばかりなのに、突然、向こうから「明日空いてる? 」なんて誘いがあったら、先約の予定がキャンセルになった証拠かも。この傾向が何度も続くようなら、いわゆる「セカンド」の可能性を疑ったほうがいいかもしれません。


6、デートのときのお会計は、ほとんど自分が担当している

 気がつけば食事代や交際代のほとんどを自分が払っていた…という状況なら、「都合のいい相手」と思われていると自覚したほうが、後々、傷つかないで済むかもしれません。上手におごらされていませんか?


7、常に携帯にロックがかかっている

 とにかく、秘密主義で絶対にプライベートは明かさない。ましてや、携帯を見られてしまうのなんて言語道断。そんな相手だったら、何人も自分と似たような関係の人がいることを疑ってしまいますよね。


 いかがでしたでしょうか? いくつもあてはまってしまう項目がある人は、今の相手との関係を見直したほうがいいかもしれません。もっとも、自分が「それでもいい」と思うのであれば問題ありませんが…。自分をたぶらかすような人との交際はキッパリ断って、ちゃんと自分を一番に受け止めてくれる人と交際して幸せを掴みましょうね!
(冨手公嘉/verb)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。