あるあるなるほどみんなのこえ恋愛テク生活/暮らし
占い/診断恋の悩み/トラブルトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

結末は変えられる! 元恋人と同じタイプばかり好きになり、同じ別れ方をする理由

2015年09月05日(土)更新  読了時間:約3分
過去の恋愛パターンをなぞっていませんか?
過去の恋愛パターンをなぞっていませんか?
 好きになる相手はいつも同じようなタイプ。顔や背丈や体型、どことなく雰囲気が前の恋人と似た人を好きになってしまう…挙句の果てに、別れ方までいつも同じパターン。こんな恋愛傾向の人、いませんか? 恋愛コラムニストの島田佳奈さんにお話を伺いました。

「人は楽しかったデートの思い出や心地よかったイメージを、相手の顔やスタイルや香り、性格や言動などといった要素と結びつけ、それらを快楽として記憶しています。脳は快楽を何度でも欲しがるため、似たような声に思わず反応したり、同じような言葉をかけられて胸がキュンとしてしまうのです。これはもはや、本能的な衝動といえますね」 (島田さん)

 こうした恋愛に陥りやすいタイプっていますか? また、それはどうしてでしょう?

過去の恋愛と同じ展開に安心する!?

「どちらかといえば、こだわりが強く頑固なタイプが過去と似た恋愛をしてしまう傾向があると言えます。このようなタイプの人は、変化に対応する柔軟さに欠けるため、前の恋人と似たタイプを選び、同じ展開になることで安心感を抱きます。過去のうまくいった恋愛パターンにこだわり、それを崩すのが容易ではないので、似た恋愛を繰り返してしまうのです。強引な恋人に振り回されて嫌になって、次に優しい恋人と付き合ったら物足りなくなり、また強引な恋人と…と両極端の2タイプをローテーションする人も多いですね」(同)

 良い展開になるのは途中までなのに、それでも過去のパターンなぞってしまうんですね…。ちなみに、以前の恋人と性格がまったく違っていたとしても似た別れ方をしてしまうことはありますよね?

無意識に心地良さを感じてしまっている!?

「新しい恋愛をしてもいつも同じようなパターンに陥ってしまうとしたら、自分に原因があると疑ったほうがいいですね。片想いばかりで付き合っても長続きしないだとか、不倫やセカンドばかり…というのは、自分がそういうパターンの恋愛を無意識のうちに心地良いと感じているのです」(同)

 そうした恋愛を本能的に“心地よい”と感じているのであれば、避けるのはなかなか難しそう。せめて、恋の結末を変えることはできないのでしょうか?

似ているところではなく違うところを探す!

「同じ結末を迎えないためには、似ているところではなく違うところを探すように心がけて。良くも悪くも、人間は物事をパターン化しがち。似ているから同じ展開になるのでは…という思い込みが、実は同じ結末を引き寄せているのかも」(同)

 また、同じ恋愛パターンに陥る人に向けて、島田さんからこんなアドバイスも。

「似たタイプの人を好きになるのは、好みがはっきりしている証拠でもあります。だけど、あなたと今の恋人というカップルは、世界にたったひとつの組み合わせ。どんなに似たところがあっても、前の恋人と今の恋人は別の人間だということを忘れないで。その恋がハッピーエンドになるかどうかは、あなた次第ですよ!」(同)

 「前の恋人はこうだった」なんて思わず、新しい恋をしたら新しい気持ちで変化を楽しむことが大切なんですね。好きなタイプの人と幸せが長続きするように、筆者も肝に銘じたいと思います!
(冨手公嘉/verb)
初出 2011/5/6
識者紹介
島田佳奈
作家/女豹ライター/コラムニスト。オールアバウト恋愛ガイド。 『人のオトコを奪る方法』他著作多数。 オールアバウト・ハウコレなど連載多数。 新刊『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)絶賛発売中!
『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五百田達成
    「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
  • 永瀬久嗣
    算命学、数秘術、タロットなどを活用しながら、恋愛、仕事、人間関係の個人カウンセリン グ、気学などを使った開運指南を提供。
  • 杉山美奈子
    ことばに関する著書多数。『20代、これだけ話せないと相手にされない!』(静山社文庫)が最新作。山梨学院短期大学非常勤講師。
  • 冨手公嘉
    男性ライターならではの男の視点を汲んだコラムが書けるように励んでいきます。 美術館や映画館、ライブへ一緒に行けるようなサブカル系女子を探し求めております!!(つまり恋人募集中…)見つけた方はご一報を!
  • 鳴沢ことみ
    女性誌の編集者を経てフリーのライターに。 旅行、グルメ、美容、健康、占い等のジャンルで執筆。 趣味は日帰り旅行。神社と温泉、甘いものが好き。 最近、体力づくりのために山登りをはじめた。 実のところ“新たな出会い”に期待しています。
  • YUMI