あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

急に「一人になりたい」と言う人、3つの理由

2017年07月30日(日)  読了時間:約3分
やっぱり一人が気楽なの
やっぱり一人が気楽なの
 恋人や友達と過ごす時間も好きだけれど、一人で過ごす時間も好き! というより、むしろ一人の時間がないとツライ…という人いますよね。そもそも「一人になりたい」とはどういうことなのか? 心理カウンセラーの山根しんいちさんに伺いました。


楽しいことでも心は疲れる


「私たちは、日々、『楽しい』や『ムカつく』など、いろいろな感情を感じながら生活しています。そしてその感情は、一人でいるときよりも、他人と一緒にいるときのほうが強く感じます。ということは、それだけ心のエネルギーを使っているのです。友達と話をして大笑いが続いた後に、ふと、(疲れた…)と感じたことはありませんか? 楽しい感情を感じているときにも、心のエネルギーが使われて疲れるのです。ところが、一人になると、感情の起伏が緩やかになり、使われる心のエネルギーが少なくなります。なので、ほっとして、気が楽になる感じがするのです」(山根さん)

 人と一緒にいるだけで、心のエネルギーは消耗するのですね。恋人や友達が急に「一人になりたい」などと言い出して心配になったり、たまに自分自身も一人の時間が欲しくなったりしますよね。それは心のエネルギーが切れてしまったということでしょうか?


急に「一人になりたい」と言う人は何を思っている?


「心のエネルギーが切れるとまではいかなくとも、だいぶ弱くなっているのでしょう。急に一人になりたいと思う人は、人と一緒にいるときに、我慢している人です。自分でも気づかないうちに限界まで我慢してしまい、『もう無理』というところで突如一人になりたくなってしまう。何を我慢して一人になりたくなるのかは、人によって千差万別ですが、主に以下のような場合があります。

1.恋人や友達と一緒にいることは楽しいけれど、そのテンションを続けるのは自分のペースと違うので、少し休みたくて一人になりたい。

2.ほかの誰かと一緒にいる状況自体を不快に思いイライラして辛いので、その場から離れたくて一人になりたい。

3.実は一人ぼっちになるのが怖く、緊張感を感じながら人と一緒にいるため、緊張から解放されたくて一人になりたい。

1、2の場合は、本当に一人にしてあげると良いのですが、3の場合は、一人のときにそっと声をかけてあげると、元々感じていた一人ぼっちに対する怖れが緩和されて、喜びを感じたりします」(同)

 心の底から「一人になりたい」と思っている場合と、「一人になりたい」と言いながらも本当は「一人になりたくない」と思っている場合があるんですね。

 また、逆に一人になるのが苦手という人もいますよね。一人の時間を必要とし習慣化している人とそうではない人の違いは何でしょうか?

一人の時間を必要とし習慣化している人

「人と一緒にいるとき、イライラしたり落ち込んだりと心が乱されやすい人や、人と会うこと自体が怖いと感じるような人。心の平安を保ちたいという思いから一人でいることを好む傾向があります」(同)

一人の時間が必要ない人

「人と一緒にいるのが楽な人。人から愛されることを自然に受け取れる素質を持っている人です。末っ子タイプに多いと言えます」(同)


 一人の時間が必要ないというのは、筆者からすると驚きですが、一人が好きな人もそうでない人も、一人になったときには、読書をしたり、DVDを見たり、散策をしたりと思い思いに過ごしていますよね。なんとなく過ごしていた一人の時間も、その理由を知ることで、より良い時間となるよう見直せるかもしれませんね。
(鳴沢ことみ/コンセプト21)
識者紹介
山根しんいち
あなたのもっと楽な生き方をサポートする心理カウンセラー。東京・大阪でカウンセリングを行っている。心理学のエッセンスをわかりやすいお話しで綴った「心の不思議」はブログの中でも大人気のシリーズ。
オフィシャルブログカウンセリングサービス
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長