あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

語尾では必ず目を合わせる! 緊張する場面で上手に話をするコツ

2017年10月10日(火)  読了時間:約4分
大切な瞬間、緊張して言葉が出ない…なんてことを避けるために
大切な瞬間、緊張して言葉が出ない…なんてことを避けるために
 告白やプロポーズ、あるいは仕事のプレゼンやクライアントへの謝罪…。ほかにも私たちの日常には、緊張の中で話さなければならないシーンが多々あると思います。そんなとき、緊張しながらも相手によい印象を与えるためのコツはないのでしょうか? 話し方を指導するスピーチトレーナーの高津和彦さんにお話を伺いました。


 緊張する場面で話さなければならないとき、まず大切なのは「自分の気持ちをきちんと確かめること」だと、高津さん。

もっとも大切なのは目線


「簡単そうで難しいのが、自分の気持ちの確認。たとえばプロポーズなら、本当にその人と結婚したいのか、告白なら本当に付き合いたいのか。その気持ちが自分の心にあることを、きちんと確かめてください。少しでもその気持ちに揺らぎがあれば、それは必ず話すときの態度や目線に表れてしまいますから」(高津さん)

 簡単なことのようでも、気持ちの確認というのは実は難しいそうです。そして先述のように、少しでも気持ちが揺らいでいると、それは目線などに表れるとのこと。

「緊張した場面で話す時、もっとも大事なのが自分の目線。少しでも目をそらしてしまえば、相手からは信頼されにくくなります。考え方を変えると、たとえ気持ちがしっかりしていても、目をそらしてしまえば、相手から勘違いされやすくなってしまうんですね」(同)

 なかでも、特に意識すべきは「語尾」における目線のようで、「たとえば『結婚しよう』の『よう』で他を見てしまうと、気持ちが定まっていないように見える」(同)とのこと。語尾では、必ず目を合わせるように心がけることが必要なようです。

 とはいえ、なかには目を合わせるのが何となく苦手…という人も少なからずいるはず。そのような人にとって、何かタメになるトレーニングはないのでしょうか?

目線を合わせるための実践的トレーニング


「最初に行うトレーニングとしては、テレビのニュースに出ているアナウンサーを見ながら、自分の言いたいことを話すというもの。ニュースのアナウンサーは正面を向いて話していることが多いですから、その人の目をジッと見ながら、自分のスピーチをしてみてください。

それができるようになったら、次は鏡を使って、自分の目を見ながら同じように話します。このとき大切なのは、一瞬でも絶対に目を離さないこと。練習の途中で言葉が出てこない場合でも、目だけはずっとそらさないようにします。これを何度もやると、他人に対しても目を合わせやすくなるでしょう」(同)

 テレビのニュース、鏡を使っての練習であれば、多くの人が気軽に始められそうです。

「目線が人に与える印象というのは、非常に大きいんですね。たとえば質問に答えられないときでも、きちんと目を見て『すみません、分かりません』と言えれば、印象は大きく変わります。『ずっと目を見ると、相手にプレッシャーを与えるのでよくない』という意見もたびたび見ますが、目をそらしてしまうほうがずっとマイナス。

相手へのプレッシャーは、表情を豊かにすることでいくらでも失くせます。まずは、きちんと目を合わせることが大切ですね」(同)

 目の合わせ過ぎを考慮するのは、次のステップ。まずは相手の目を見ることに全力投球したほうが良さそうです。


 緊張をほぐしたり、なくしたりしようとしても、それは難しい話。であれば自分の視線を意識し、相手の目へと持っていく心がけが大切。そしてそのためには、まず自分の気持ちをきちんと確かめること。これらが、緊張する場面で話さなければならないときのポイントといえそうです。
(有井太郎+プレスラボ)
識者紹介
高津和彦
話し方教室「ベストスピーカー」の主任講師。大阪工業大学客員教授。アナウンサーやキャスターなどで活躍した後、スピーチインストラクターとして交渉術・プレゼン術を指導している。著書に『5秒でググッと引きつける!達人のプレゼン』(PHP研究所)などがある。
ベストスピーカー高津和彦プロフィール
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 島影真奈美
  • 高津和彦
    話し方教室「ベストスピーカー」の主任講師。大阪工業大学客員教授。アナウンサーやキャスターなどで活躍した後、スピーチインストラクターとして交渉術・プレゼン術を指導している。著書に『5秒でググッと引きつける!達人のプレゼン』(PHP研究所)などがある。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。