あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

もはやオシャレなのがNG!? 女が「正直ダサい」と思う男のファッション

2017年11月11日(土)  読了時間:約3分
オシャレを意識している時点で「ダサい!」認定されている?
オシャレを意識している時点で「ダサい!」認定されている?
 身なりに気を使っている男性は好印象ですが、なかにはちょっと引いてしまうものも。ヒトメボの女性読者に、オシャレしてるんだろうけど「正直ダサい」と思ってしまう男性のファッションについてアンケートしてみました。


腰パン

「ジーンズなどのパンツを腰履きしている格好。ただでさえ短い脚が更に短く見えてダサイと思います!」(高知・35歳女性)

「下着が見えるくらい下げた高校生の制服のズボン。どんな人がしてても不衛生な感じがしてイヤです。特に駅の階段登るときに思いきりトランクスを見せるのは…ホントに勘弁してほしい」(東京・26歳女性)

 若い世代にはずっと流行していますよね。大人の女性からは、ただただ「不衛生!」と不評でした。

季節感がない服装

「サーフ系、先の尖った革靴。サーフ系が許されるのは子どもと夏の間だけ。冬とか場違いすぎ。先の尖った革靴ってどっかのホストみたい」(大阪・19歳女性)

「季節感のある色使いやアイテムを格好良く着こなさないのはダサいと思う」(山梨・21歳女性)

 季節感を無視したオシャレは「ダサい!」という烙印を押されてしまうようです。

だてメガネ

「黒か茶色のだてメガネ。眼鏡男子の90%がその眼鏡をかけているから。流行だけど…皆似てる眼鏡だと顔の見分けが出来ない」(東京・19歳女性)

 太めの黒ぶちメガネをよく見かけますが、たしかに皆同じような顔の印象になってしまうかも。

短いパンツ

「ショートパンツ。似合う人を見たことがない。正直、気持ち悪い!」(北海道・23歳女性)

「ハーフパンツ。似合うのは幼児とチンパンジーだけ」(東京・30歳女性)

「少しピチッとしたハーフパンツ。ひざ上はあり得ない。ゆるめの部屋着ならいいが、外で着る意味がわからない」(愛知・25歳女性)

「ハーフパンツ。なんか少年って感じがする。すね毛が気になる。男性の足って、見せてても正直そんなに良く感じない。似合ってる人をほとんど見たことがない」(神奈川・19歳女性)

 暑い日は涼しくて楽そうですが、女性からこんなに「似合わない!」と思われていたとは……。

ロールアップ

「中途半端なロールアップ、9分丈パンツ。デビュー臭がする。お洒落に不慣れだが、頑張って変な方向に行ってる感じがする。男性はシンプルでもラフでも格好つくんだから、下手に洒落っ気出さなくてよい。好きでやってるならいいんだけどね」(茨城・24歳女性)

 オシャレを意識している時点で「ダサい!」と切り捨てられてしまうようです。

シャープなシルエットのスーツ

「細身のスーツ。仕事できなさそう」(東京・37歳女性)

 偏見という気がしてしまいますが……。仕事の場でオシャレを意識している点がチャラく思えてしまうのでしょうか。

プロデューサー巻き

「カーディガンを肩にかける。普通に羽織ったほうがいい気がする」(東京・24歳女性)

 女性の間でもよく見られるカーディガンを肩にかけるプロデューサー巻き。あえて普通に着こなすと好印象になるかもしれません。


 全体的に、オシャレを意識しすぎているファッションが不評のようです。がんばって最新のトレンドを取り入れるよりも、自分に似合うスタイルを見つけたらそれを押し通すほうが無難なのかもしれませんね。面と向かって聞けない女性の本音、ぜひ参考にしてみてください。
(田中結/プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • せんち