あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

イモムシみたいなロールケーキ…? 忘れられない彼氏のブサイク料理

2017年11月13日(月)  読了時間:約3分
まずいならいっそ作ってくれないほうがいい!?
まずいならいっそ作ってくれないほうがいい!?
 誰かに作ってもらう料理というのはとてもおいしいもの。それが、彼氏となればなおさらです。しかし、食の好みは人それぞれであることもあり、食べた瞬間「……?」と思ってしまうことも。彼氏が作ってくれたけれど、残念ながらイマイチだったという「ブサイク料理」について、女性たちに話を聞いてみました。

イモムシ

「クリスマスに作ってくれたロールケーキがでかいイモムシにしか見えなかった。たぶん、ブッシュドノエルを作りたかったんだと思う」(26歳女性)

 かわいいブッシュドノエルがイモムシとは……。

残念オムライス

「居酒屋のキッチンで働いていた彼氏がオムライスを作ってくれることに。でも、出てきたのは、手のひらサイズのカチカチに焦げた固い卵が乗ったごはん。ふわふわ卵を作ろうとして失敗したのだとか。彼氏曰く、『店と家とでは火力が違うから失敗した』」(26歳女性)

 聞いただけでもまずそうなオムライスですが、プロでも失敗することがあるんですね。

餃子のハズが

「餃子を皮から作ってくれたんですが、焼いたら全部中身が飛び出していた。汚いだけだった」(30歳女性)

 本格餃子を食べられるはずが……残念です。皮から作る、というその意気込みはうれしいですが、あと一歩でした。

飛び散りエビチリ

「ドヤ顔でエビチリをフライパンで返していた彼氏。でも、失敗して、エビチリが飛び散って腕につき、ついでにフライパンを派手にひっくり返し……。盛り付けもひどいし、後片付けも大変で大惨事です」(26歳女性)

 せめて味がよければいいのですが、これでまずかったらエビチリがトラウマになりそうです。

おいしいけど切ない

「料理を作ってくれると言うのでワクワクしながら待っていたら、パスタにお茶漬けの素をかけたものが出てきた。いや、味はいいけど、これかよ! と思った」(32歳女性)

 手軽でおいしいパスタソースもたくさん売っているのに、なぜお茶漬け。彼はお茶漬けパスタが好物だったのでしょうか。

自分の作ったものを自分でdisる

「料理が得意な彼。作ってくれるものは大体おいしいけれど、ちょっとでも自分の思った味と違うと、『ダメだ』『まずい』とディスりまくる。私が『おいしい』と言っても聞き耳持たず。せっかくおいしくてもまずくなってくるからやめて!」(28歳女性)

 最後は、料理自体は良くても言動が……という意見。料理は食べるときの雰囲気や会話も大事ですよね。


 作ってくれる気持ちはうれしいけど、やっぱりおいしいものは食べたい! と思ってしまうもの。「……?」と思うものが出てきてしまったときは、思わずなんて伝えようか、言葉を選んでしまいますよね。大好きな恋人とはいえ、一言物申したくなるブサイク料理、あなたも経験ありますか?
(ふくだりょうこ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • せんち