あるあるなるほど恋の悩み/トラブルみんなのこえ恋愛テク
占い/診断トレンド/カルチャー生活/暮らし女の本音/心理その他のカテゴリ→

計3回の破局危機!? カップルが「3ヶ月」「3年」「4年」で別れやすい理由

2016年04月16日(土)更新  読了時間:約4分
3度の危機を乗り越えたカップルはもう安心!?
3度の危機を乗り越えたカップルはもう安心!?
 誰と付き合っても長続きしない、いつも同じくらいの期間で別れてしまう…。心当たりはありませんか? 恋の賞味期限なんて言葉もあるように、カップルには破局しやすいタイミングが何度か訪れるようです。それにはちゃんと理由もあるのだとか。恋愛心理や脳科学に詳しい、コラムニストのまついゆうへいさんに聞いてみました。


快感物質PEAは3ヶ月目から減りはじめ、3年で枯渇する

「『恋の賞味期限は3年』とよく言われるのは、PEA(フェニルエチルアミン、フェネチルアミン)という脳内の神経伝達物質に影響しています。PEAは快感物質で、恋愛初期のタイミングで『ドキドキしている』ときに多く分泌されるもの。

しかし残念なことに、PEAは3ヶ月目から減りはじめ、3年程度で枯渇してしまいます。付き合って3年程度経ち完全にPEAが枯渇してしまうと、次なる刺激を求めて浮気に走ったり、単純に相手に興味をなくしてしまったりするのではと考えられます」(まついさん)

 快感物資の手助けがなくなったとき、好きじゃなくなったと勘違いしてしまったり、物足りなくなってしまうんですね。減りはじめの3ヶ月でそれはちょっと早い気もしますが…。そしてPEAにはなんともやっかいな特徴も。

PEAには中毒性がある!?

「PEAはモルヒネに似た構造で、中毒性が強いんです。そしてどちらかというと、先の展開が見えている安定的な恋より、叶わぬ片想いなどの不安定な恋をしているときのほうが多く分泌されます。そのため『報われない恋や危険な恋を好む人』『恋に恋するタイプで恋愛経験の浅い人』などは、このPEAの作用によっていわゆる『恋愛中毒』になってしまいがち。こうした恋愛中毒者に関しては、PEAが減少し始める3ヶ月目のタイミングで、次なる刺激を求めてしまう人が多いかもしれませんね」(同)

 文字通り、恋愛の中毒なんですね。言われてみれば、危険な恋をしたがる人や、そこまでモテてはなさそう人ほど、恋愛のサイクルが早いような気もします。

とはいえ、あまり気にしないこと!

「ただし、『思い込みの力』もかなり強いと言えます。プラシーボ(偽薬)効果という心理学用語があるとおり、砂糖のかたまりでも『これは効く薬ですよ』とお医者さんから与えられると、大半の人はコロッと治ってしまうくらいですから。血液型占いも一緒で、子どもの頃から『A型は几帳面』と言われながら育ったA型の人は、実際に几帳面に育つケースが多いでしょう。同じように『恋の賞味期限は3年』と強く思い込むと、現実になりかねません」(同)

 何事も自分に都合のいい部分だけ信じておくのがいいのかも(笑)。最後に、まついさんから気になる説をもうひとつ。

PEA枯渇から1年後、もう一度危機が…

「『結婚4年目の離婚説』というのもありますよ。じつはPEAが枯渇した後に、エンドルフィンという多幸感を与える物質が出てくるのですが、これも1年で枯渇します。子育てが一段落した4年目頃から、親たちも子孫繁栄のために自然と次の相手を探すようになる…という説が有力ですね」(同)

 3年目の破局危機を乗りこえ、ようやくハッピーな1年を過ごせたかと思いきや、またもや脳内物質のしわざ。しかも途中で切れてしまうんですね…。一筋縄でいかずなんだか映画みたいです。


 う~ん! 人間の本能って、よくできているような、現代人からすればやっかいなような。気にしすぎもよくないけれど、いつも決まった時期に別れやすいっていう人は、破局しやすいタイミングについて頭の片隅にちょっと入れておくといいかもしれないですね。
(池田香織/verb)
初出 2011/6/10
識者紹介
まついゆうへい
セールスマン時代に養った読心術で、恋愛心理を一刀両断。本質を見抜く術に長ける。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 正木裕美
    愛知県出身、愛知県弁護士会所属。 男女トラブルをはじめ、ストーカー被害や薬物問題、ネット犯罪などの刑事事件、労働トラブルなどを得意分野として多く扱う。 身内の医療過誤から弁護士の道へと進む。2012年には衆議院選挙に愛知7区より日本未来の党の公認候補として出馬し、「衆院選候補者ナンバーワン美女」とインターネットや夕刊紙で大きな話題を呼んだ。
  • 岩沙好幸
    弁護士(東京弁護士会所属)。慶應義塾大学経済学部卒業、首都大学東京法科大学院修了。弁護士法人アディーレ法律事務所。 パワハラ・不当解雇・残業代未払いなどのいわゆる「労働問題」を主に扱う。 動物好きでフクロウを飼育中。 近著に『ブラック企業に倍返しだ! 弁護士が教える正しい闘い方』(ファミマドットコム)。 『弁護士 岩沙好幸の白黒つける労働ブログ』も更新中。
  • 島田さくら
    大阪大学大学院高等司法研究科卒業。司法修習第65期。東京弁護士会所属。 元カレからのDVや、妊娠が発覚した翌日にカレから別れを告げられるなど、過去のオトコ運の無さからくる、波乱万丈な人生経験をもとに、悩める女性の強い味方として男女トラブル、債務整理、労働問題などの身近な法律問題を得意分野として扱う。 また、離婚等の豊富な知識を有する夫婦カウンセラー(JADP認定)、2級知的財産管理技能士の資格も有する。 家庭では1児の母として子育てに奮闘している、シングルマザー弁護士。
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。
  • 魚青子
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。