あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「カバン」に求めるもの=彼女に求めるもの? 隠れた男性の恋愛傾向を分析!

2015年06月04日(木)更新  読了時間:約3分
カバン選びに隠されている男性の恋愛傾向
カバンのポケットを活用する彼は、彼女に振り回されたい! ?
 仕事やプライベートの『相棒』とも言えるカバン。そこに見え隠れする性格から恋愛傾向を分析してみましょう! 分析にご協力いただくのは、恋愛コラムニストの有馬樹里先生。今回は、リュックサック、メッセンジャーバッグ、ボディバッグ、紙袋、トートバッグの5 パターンを紹介します。

【リュックサック】
「両肩でしっかり背負え、両手が使える上に荷物がたくさん入る機能性に富んだリュックサックを好む彼は、実用性を優先させるという点で、現実主義と言えますね。なんでもテキパキこなす自分を見せたい彼は、デキるオトコに見られたいという意識があり、相手をリードしたいと思っています。そんな彼には、思いきり甘えて、あなたを頼りにしていますということを言葉や態度で伝えるようにするとよいでしょう」(有馬先生・以下同)

【メッセンジャーバッグ】
「カバンに備わっているそれぞれのポケットに、きちんと物をしまっておきたいという、几帳面なところがあります。また、荷物をあれこれ持ちたがる一面もあり、少し神経質かも。一方で、好奇心旺盛で冒険好きな面もあるみたい。そんな彼には、一筋縄ではいかない女性だと思わせるのがいいでしょう。でも、気分屋なのはNG。いろいろな事に興味があるように思わせるのがポイントです。自分にはない魅力を持っている女の人に魅かれるタイプの彼。あえて彼が関わったことのない分野のことを教えてあげるのもポイントが高いのではないでしょうか。この人といると成長できると思ってもらえれば彼の方からアタックしてくるはず」

【ボディバッグ】
「荷物は最小限にしたいという彼。余計なものは身の回りにおきたくないので、女性とはシンプルで割り切った付き合いを好みます。そんな彼には、プライバシーに関わる質問は控えめにしたほうがいいですね。話すスピードを少し抑え気味にして、相手のペースにつきあうくらいの気持ちでいきましょう。自分の話をするよりも、彼の考え方を尋ねるようにしたほうが効果的。会話がスムーズに運ぶでしょう」

【紙袋】
「自分本位で周りにあまり興味がないみたい。それに、破れたら捨てればいいやという意識がある人なので、面倒な人間関係は苦手。そんな彼だから、一方的に思いを伝えすぎてはダメ。駆け引き、とまではいかなくても、アプローチしたらちょっと待つ、というようにメリハリのある攻め方をしていきましょう」

【トートバッグ】
「トートバッグを持つ彼は、相手とかしこまった関係でいるよりも、気軽に何でも話せる関係でいることを好みます。一目ぼれから始まる恋よりは、友達関係から恋人に発展するパターンが多いはず。このタイプの彼を振り向かせたい人は、彼が参加するカラオケや飲み会に頻繁に顔を出し、私といると楽しいでしょアピールをするのがいいでしょう。彼との距離が近づいてきたなあというときに、2人で会う約束をしていくようにすれば、意外とすぐに恋人同士になれますよ」

 『相棒』としてのカバンに求めるもの=パートナーとしての彼女に求めるものなのかも知れませんね。長い時間一緒にいるものこそ、居心地のいいものであってほしいという無意識の心理が働くのでしょう。気になる彼に、どうやってアプローチするか悩んだら、彼がどんなバッグを持っているのかをさりげなくチェックしてみてはどうでしょうか。
(黒澤真紀/コンセプト21)
初出 2012/11/30
■性格診断
「カバン」で分かる彼の恋愛傾向
診断する
識者紹介
有馬樹里
婚活トレーナー。nifty「恋愛の達人」等にてメールや電話などで恋愛お悩み相談を担当。講演会やカウンセリングを通して、これまで500人以上に婚活トレーニングを実施。セミナー講師は「恋愛・婚活トレーニング・実践!」など多数。メンタルトレーナーおよびカラーセラピストの資格保持。
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。