あるあるなるほどみんなのこえ恋愛テク恋の悩み/トラブル
占い/診断生活/暮らしトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

件名や画像の工夫が鍵! 異性の気を惹くメールテクとは!?

2012年12月26日(水)  読了時間:約3分
気になる異性にどんなメールを送るか悩む人は多いはず
気になる異性にどんなメールを送るか悩む人は多いはず
 最近流行りの街コンや、あるいは仕事などで気になる異性と出会ったとき、まずはアドレスを交換してメールでお互いのことを知りつつデートに結び付けるのが一般的な流れ。となると、いかに「メールで相手の気を惹くか」が重要になってきますよね。何かコツはあるのでしょうか?

「会ってまだ日が浅い時点でのメール、特にファーストメールでは、会ったときの会話の内容を一言だけでも添えると印象がアップします。その上で、『今度○○へ行きましょう』『次回は一緒にランチでも』といったメッセージを加えると、『また会いたい』というニュアンスが伝えられますよ」(恋愛コラムニスト・島田佳奈さん)

 街コンやパーティーなど、複数の男女が知り合う場面では、1人1人の印象がきちんと残っていない可能性も。そんなとき、会話の内容を含んだメールを送ると、自分がそれだけ相手を覚えているというアピールにもなるようです。

「メールの件名にこだわってみるのもオススメです。ブログやネットニュースで思わずクリックして読んでみたくなるタイトルを参考に、キャッチーだったり、クスリと笑えたりする件名でメールを出せば、相手はあなたからのメールを開くのが楽しみになってくるかもしれません。件名を考えて送る人は多くないと思うので、他の異性との差別化にもなるでしょう」(同)

 さらに、件名にこだわるもうひとつのメリットとして、「自然と即レスができなくなること」を島田さんは挙げます。気になる異性のメールについついすぐ返信していると「ヒマなのかな?」と思われてしまうもの。それを回避するためにも、相手にウケる件名を考えるうちに生まれるタイムラグが良い方向に作用するとのことです。

「写真を添えるのも良い方法ですが、相手が『だから何?』と返答に困るような画像(単なる食事写真や自分撮り)をチョイスしないよう要注意。メールに写真を添えるのは、あくまで『文章で伝えるより分かりやすい』から。その意識で写真を選びましょう」(同)

 たとえば残業中の自分を写して「ドーピングの応援メール急募!」などと、一コママンガのようにユニークな写メなどを送ってみるのも効果的とのこと。あるいは、最近は写真加工のアプリなども増えているので、上手に加工して自分らしいメールを送ると相手の興味を惹く可能性が増すのだとか。なお、容量の重い画像は開けない場合も出るので、画像サイズにも注意を払う必要があるようです。

「いくら伝えたいことがたくさんあっても、長文メールはいただけません。メールは、好きな人もいれば、苦手だったり忙しくて返す時間がなかったりという人も多いもの。目安として、スクロールなしで1画面に表示しきれる範囲に収め、『積もる話は会ったときに』という姿勢でメールを送りましょう。その方が相手に負担をかけず、『もっと話したい』という気持ちにさせます」(同)

 会ったときの印象以上に、メールでのやり取りがその後の恋愛を左右させることもあるはず。何とかメールで相手の気を惹いて、デートへとつなげていきたいものですね。
(有井太郎+プレスラボ)
識者紹介
島田佳奈
作家/女豹ライター/コラムニスト。オールアバウト恋愛ガイド。 『人のオトコを奪る方法』他著作多数。 オールアバウト・ハウコレなど連載多数。 新刊『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)絶賛発売中!
『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 植田愛美
    株式会社Willコミュニケーション 代表取締役。コミュニケーション関連の各種セミナーを企画・運営。自らインストラクターとして指導にあたることも多い。同時に恋愛問題などを得意とするコラムニスト。大手媒体で連載コラムは多数。NLPをはじめ心理系の資格を複数保持。
  • 五百田達成
    「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。
  • 姫野ケイ+プレスラボ
    ヴィジュアル系バンドが大好きなバンギャルライター。 学生時代は出版社でアルバイトをしながら、年間60本以上のライブに通うというライブ三昧の日々を送る。化粧映えのするイケメンとお酒が大好き。 恋愛、エンタメ、暮らしに役立つコラムを執筆中。
  • 坂井あやの
    お酒と野球をこよなく愛する、アラサー独女ライター。グルメ誌、ファッション誌の恋愛、マネー関連のページまで、幅広く執筆中。 酸いも甘いも知った大人女子w目線で、恋の不思議と謎を追及していきます!