あるあるなるほどみんなのこえ恋愛テク生活/暮らし
占い/診断恋の悩み/トラブルトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

件名や画像の工夫が鍵! 異性の気を惹くメールテクとは!?

2012年12月26日(水)  読了時間:約3分
気になる異性にどんなメールを送るか悩む人は多いはず
気になる異性にどんなメールを送るか悩む人は多いはず
 最近流行りの街コンや、あるいは仕事などで気になる異性と出会ったとき、まずはアドレスを交換してメールでお互いのことを知りつつデートに結び付けるのが一般的な流れ。となると、いかに「メールで相手の気を惹くか」が重要になってきますよね。何かコツはあるのでしょうか?

「会ってまだ日が浅い時点でのメール、特にファーストメールでは、会ったときの会話の内容を一言だけでも添えると印象がアップします。その上で、『今度○○へ行きましょう』『次回は一緒にランチでも』といったメッセージを加えると、『また会いたい』というニュアンスが伝えられますよ」(恋愛コラムニスト・島田佳奈さん)

 街コンやパーティーなど、複数の男女が知り合う場面では、1人1人の印象がきちんと残っていない可能性も。そんなとき、会話の内容を含んだメールを送ると、自分がそれだけ相手を覚えているというアピールにもなるようです。

「メールの件名にこだわってみるのもオススメです。ブログやネットニュースで思わずクリックして読んでみたくなるタイトルを参考に、キャッチーだったり、クスリと笑えたりする件名でメールを出せば、相手はあなたからのメールを開くのが楽しみになってくるかもしれません。件名を考えて送る人は多くないと思うので、他の異性との差別化にもなるでしょう」(同)

 さらに、件名にこだわるもうひとつのメリットとして、「自然と即レスができなくなること」を島田さんは挙げます。気になる異性のメールについついすぐ返信していると「ヒマなのかな?」と思われてしまうもの。それを回避するためにも、相手にウケる件名を考えるうちに生まれるタイムラグが良い方向に作用するとのことです。

「写真を添えるのも良い方法ですが、相手が『だから何?』と返答に困るような画像(単なる食事写真や自分撮り)をチョイスしないよう要注意。メールに写真を添えるのは、あくまで『文章で伝えるより分かりやすい』から。その意識で写真を選びましょう」(同)

 たとえば残業中の自分を写して「ドーピングの応援メール急募!」などと、一コママンガのようにユニークな写メなどを送ってみるのも効果的とのこと。あるいは、最近は写真加工のアプリなども増えているので、上手に加工して自分らしいメールを送ると相手の興味を惹く可能性が増すのだとか。なお、容量の重い画像は開けない場合も出るので、画像サイズにも注意を払う必要があるようです。

「いくら伝えたいことがたくさんあっても、長文メールはいただけません。メールは、好きな人もいれば、苦手だったり忙しくて返す時間がなかったりという人も多いもの。目安として、スクロールなしで1画面に表示しきれる範囲に収め、『積もる話は会ったときに』という姿勢でメールを送りましょう。その方が相手に負担をかけず、『もっと話したい』という気持ちにさせます」(同)

 会ったときの印象以上に、メールでのやり取りがその後の恋愛を左右させることもあるはず。何とかメールで相手の気を惹いて、デートへとつなげていきたいものですね。
(有井太郎+プレスラボ)
識者紹介
島田佳奈
作家/女豹ライター/コラムニスト。オールアバウト恋愛ガイド。 『人のオトコを奪る方法』他著作多数。 オールアバウト・ハウコレなど連載多数。 新刊『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)絶賛発売中!
『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五百田達成
    「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
  • 永瀬久嗣
    算命学、数秘術、タロットなどを活用しながら、恋愛、仕事、人間関係の個人カウンセリン グ、気学などを使った開運指南を提供。
  • 杉山美奈子
    ことばに関する著書多数。『20代、これだけ話せないと相手にされない!』(静山社文庫)が最新作。山梨学院短期大学非常勤講師。
  • 冨手公嘉
    男性ライターならではの男の視点を汲んだコラムが書けるように励んでいきます。 美術館や映画館、ライブへ一緒に行けるようなサブカル系女子を探し求めております!!(つまり恋人募集中…)見つけた方はご一報を!
  • 鳴沢ことみ
    女性誌の編集者を経てフリーのライターに。 旅行、グルメ、美容、健康、占い等のジャンルで執筆。 趣味は日帰り旅行。神社と温泉、甘いものが好き。 最近、体力づくりのために山登りをはじめた。 実のところ“新たな出会い”に期待しています。
  • YUMI