あるあるなるほどみんなのこえ恋愛テク生活/暮らし
占い/診断恋の悩み/トラブルトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「バンビ顔」は富も名声も手に入れる強運の持ち主!-どうぶつ顔で診断-

2016年03月02日(水)更新  読了時間:約3分
チート過ぎやしませんかね
チート過ぎやしませんかね
 パッチリとした黒目がちの瞳が特徴の仔鹿は、ディズニー映画『バンビ』の主人公としてもおなじみ。時代・国を問わず「愛らしい存在」として親しまれていますが、そんなバンビ(仔鹿)のような顔をしている人もまた、愛され度バツグンの人相なんだそう。

「バンビ顔の人は、男女問わず異性から興味を持たれやすいタイプです。社交的で、楽しいことが大好き。自分が愛される以上に他人を愛する、情が深い人でもあります」と語るのは、人気占い師のマドモアゼル・ミータンさん。周囲から助けられることも多く、その結果うまく世の中を渡っているように見えるタイプなのだそう。なんだか、いいことづくめのように見えますが…? 今回は、そんなバンビ顔を人相学的に分析し、その性格と恋愛傾向を探っていきましょう。

こんな人はバンビ顔かも?


【つぶらで黒目がちな目】
真面目で努力家。自分が愛される以上に他人を大事にする情が深いタイプ。異性からの人気も高い。

【目の間隔が広い】(離れ目)
マイペースでのんびり。のほほんとしている。楽しいことが大好き。陽気な性格で、みんなとワイワイ騒ぐのが好き。ただし、せかせかした仕事は不向き。

【逆三角形型の輪郭】(顎が細い)
自己主張がはっきりしている。美意識が高い。異性選びは慎重さが必要。

【鼻が長い】
真面目で責任感が強い。少し世界を狭く見る傾向があり、「自分がそうだから他人もそうだ」と、他人に自分と同じものを求めがち。

【口角が上向き】
楽天的かつ豪快な性格で、皆のムードメーカー。顔が広く、友人知人が多い。


バンビ顔の特徴


 真面目で努力家なバンビ顔は、相対的に見て、ものすごく運がいい人相なのだそうです。

「年長者から引き立てられ、目下の人からは尊敬される人です。ただ、周囲からのちやほやにあぐらをかいて横柄な態度を取ったり『やってもらって当然』という態度を取ったりすると、途端に運が悪くなるので注意しましょう。逆に調子に乗らなければ、お金も名声も一定以上のものを得られる人生が待っています」(同)


「バンビ顔」はどんな相手とも恋愛可能!


 聞けば聞くほどチート過ぎる印象のバンビ顔ですが、恋人で貧乏くじをひいてしまうこともあるのだとか…。

「バンビ顔は、『好きになった相手が好みのタイプ』を地で行き、歴代の恋人の見た目が一貫していないことも多いです。自分から好きになるというよりは、熱心にアプローチされて好きになるという人も多く、『恋愛経験豊富なのに、自分からは一度も告白したことがない』という人も。また、好き嫌いがあまりない分『押しが強いだけの人』や『口だけは達者な人』に押し切られてしまい、搾取されるだけの恋愛にハマってしまうこともあります。情が深い分、一度好きになると周りが見えなくなってしまうので、愛情を向ける相手はじっくり吟味しましょう」(同)

 富も名声も兼ね備えるバンビ顔ですが、好みのタイプは決まっていなくて押しにも弱いそう。幸せにしてあげたいという気持ちがあるなら、高嶺の花と諦めず、情熱的にアプローチしてみるのもいいかもしれません。


(坂野りんこ/サイドランチ)
初出 2015/3/1
識者紹介
マドモアゼル・ミータン
幼少期から占いを始め、モデル業を経た後占い師として独立。人相占いのほか、タロット、西洋占星術、透視・霊視、夢占いなど、さまざまな占術を使いこなす。著書に『幸せをつかむ人相占い入門』(説話社)、『ポケット版 夢占い』(中経出版)他多数。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五百田達成
    「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
  • 永瀬久嗣
    算命学、数秘術、タロットなどを活用しながら、恋愛、仕事、人間関係の個人カウンセリン グ、気学などを使った開運指南を提供。
  • 杉山美奈子
    ことばに関する著書多数。『20代、これだけ話せないと相手にされない!』(静山社文庫)が最新作。山梨学院短期大学非常勤講師。
  • 冨手公嘉
    男性ライターならではの男の視点を汲んだコラムが書けるように励んでいきます。 美術館や映画館、ライブへ一緒に行けるようなサブカル系女子を探し求めております!!(つまり恋人募集中…)見つけた方はご一報を!
  • 鳴沢ことみ
    女性誌の編集者を経てフリーのライターに。 旅行、グルメ、美容、健康、占い等のジャンルで執筆。 趣味は日帰り旅行。神社と温泉、甘いものが好き。 最近、体力づくりのために山登りをはじめた。 実のところ“新たな出会い”に期待しています。
  • YUMI