あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「バンビ顔」は富も名声も手に入れる強運の持ち主!-どうぶつ顔で診断-

2016年03月02日(水)更新  読了時間:約3分
チート過ぎやしませんかね
チート過ぎやしませんかね
 パッチリとした黒目がちの瞳が特徴の仔鹿は、ディズニー映画『バンビ』の主人公としてもおなじみ。時代・国を問わず「愛らしい存在」として親しまれていますが、そんなバンビ(仔鹿)のような顔をしている人もまた、愛され度バツグンの人相なんだそう。

「バンビ顔の人は、男女問わず異性から興味を持たれやすいタイプです。社交的で、楽しいことが大好き。自分が愛される以上に他人を愛する、情が深い人でもあります」と語るのは、人気占い師のマドモアゼル・ミータンさん。周囲から助けられることも多く、その結果うまく世の中を渡っているように見えるタイプなのだそう。なんだか、いいことづくめのように見えますが…? 今回は、そんなバンビ顔を人相学的に分析し、その性格と恋愛傾向を探っていきましょう。

こんな人はバンビ顔かも?


【つぶらで黒目がちな目】
真面目で努力家。自分が愛される以上に他人を大事にする情が深いタイプ。異性からの人気も高い。

【目の間隔が広い】(離れ目)
マイペースでのんびり。のほほんとしている。楽しいことが大好き。陽気な性格で、みんなとワイワイ騒ぐのが好き。ただし、せかせかした仕事は不向き。

【逆三角形型の輪郭】(顎が細い)
自己主張がはっきりしている。美意識が高い。異性選びは慎重さが必要。

【鼻が長い】
真面目で責任感が強い。少し世界を狭く見る傾向があり、「自分がそうだから他人もそうだ」と、他人に自分と同じものを求めがち。

【口角が上向き】
楽天的かつ豪快な性格で、皆のムードメーカー。顔が広く、友人知人が多い。


バンビ顔の特徴


 真面目で努力家なバンビ顔は、相対的に見て、ものすごく運がいい人相なのだそうです。

「年長者から引き立てられ、目下の人からは尊敬される人です。ただ、周囲からのちやほやにあぐらをかいて横柄な態度を取ったり『やってもらって当然』という態度を取ったりすると、途端に運が悪くなるので注意しましょう。逆に調子に乗らなければ、お金も名声も一定以上のものを得られる人生が待っています」(同)


「バンビ顔」はどんな相手とも恋愛可能!


 聞けば聞くほどチート過ぎる印象のバンビ顔ですが、恋人で貧乏くじをひいてしまうこともあるのだとか…。

「バンビ顔は、『好きになった相手が好みのタイプ』を地で行き、歴代の恋人の見た目が一貫していないことも多いです。自分から好きになるというよりは、熱心にアプローチされて好きになるという人も多く、『恋愛経験豊富なのに、自分からは一度も告白したことがない』という人も。また、好き嫌いがあまりない分『押しが強いだけの人』や『口だけは達者な人』に押し切られてしまい、搾取されるだけの恋愛にハマってしまうこともあります。情が深い分、一度好きになると周りが見えなくなってしまうので、愛情を向ける相手はじっくり吟味しましょう」(同)

 富も名声も兼ね備えるバンビ顔ですが、好みのタイプは決まっていなくて押しにも弱いそう。幸せにしてあげたいという気持ちがあるなら、高嶺の花と諦めず、情熱的にアプローチしてみるのもいいかもしれません。


(坂野りんこ/サイドランチ)
初出 2015/3/1
識者紹介
マドモアゼル・ミータン
幼少期から占いを始め、モデル業を経た後占い師として独立。人相占いのほか、タロット、西洋占星術、透視・霊視、夢占いなど、さまざまな占術を使いこなす。著書に『幸せをつかむ人相占い入門』(説話社)、『ポケット版 夢占い』(中経出版)他多数。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長