あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

ネクタイの結び方で彼の恋愛傾向がわかる!

2013年02月23日(土)  読了時間:約3分
ネクタイの結び方でわかる彼の恋愛傾向
気になる彼のネクタイの結び方は?
 さりげなく存在感をアピールできる「ネクタイ」。そこには相手に「自分をどう見せたいか」という、彼の深層心理が深く関係しています。 そこで今回は、恋愛カウンセラーの筆者・有馬樹里が、ネクタイの結び方から彼の恋愛傾向を分析してみたいと思います!

【A:プレーン・ノット】シンプルでどんなスタイルにも似合う結び方
 プレーン・ノットの結び方をしている彼は、細かいことや面倒なことが苦手。穏やかで平穏な、波風のたたない恋愛を望みます。故に、彼女に派手さは求めません。服装や持ち物等で派手な印象を与えてしまうと、友だちにもなれない……ということもあるので、十分注意してくださいね! プレーン・ノットの彼とはロマンチックな恋愛は期待できませんが、安定感のある恋愛ができるでしょう。

【B:セミ・ウィンザー・ノット】結び目にややボリュームのある結び方
 セミ・ウィンザー・ノットの結び方をしている彼は、障害のある恋愛を望みがちな傾向があります。自分の存在感を際立てたい欲求が恋愛面にも少なからず影響を与えているようです。障害を乗り越えてこそ、2人の愛情が深まると思っているので、頻繁に喧嘩や言い合いが起こるかも。本心でぶつかり合える関係を作れるという点では良いですが、衝突が絶えないので、毎回、本気でぶつかっていると疲れてしまうかもしれません。喧嘩も1つの「恋愛エッセンス」というスタンスで接するといいでしょう。

【C:ベーシック・ボウタイ】蝶ネクタイ
 ベーシック・ボウタイをしている彼は個人や個性を大切にします。恋人と「一緒に何かをする」というよりは「自分がしたいことをする」ことを大切にします。相手に依存せず、マイペースなので、彼女は寂しい思いをするかもしれませんが、趣味や嗜好が合えば、一緒に居て、とても楽で、いい関係を築けるでしょう。彼の個性を理解することから始めてみてください。

【D:アスコットタイ】フォーマルなシーンでよく使う、スカーフのようなタイ
 アスコットタイをしている彼は、恋人に気品や常識、清楚さを求め、自分の価値を高めてくれるような女性を好む傾向があるので、細かい仕草などは厳しくチェックしています。どこか完璧さを求める傾向が強く、プライドが高いようにも見える彼ですから、フランクな関係になるまでには、時間がかかるでしょう。しかし、一度心を開いたら何でも話し合い、互いを高めあえる良好な関係性を維持できる相手と言えます。

 いかがでしたか? 普段、あまり意識しないネクタイの結び方ですが、そこに隠されている彼の恋愛傾向を分析して彼の心をつかんでくださいね!
(有馬樹里/コンセプト21)
■性格診断
「ネクタイの結び方」で分かる彼の恋愛傾向
診断する
識者紹介
有馬樹里
婚活トレーナー。nifty「恋愛の達人」等にてメールや電話などで恋愛お悩み相談を担当。講演会やカウンセリングを通して、これまで500人以上に婚活トレーニングを実施。セミナー講師は「恋愛・婚活トレーニング・実践!」など多数。メンタルトレーナーおよびカラーセラピストの資格保持。
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長