あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

やはり「粘り」が大事!? 一度振った相手と付き合ったのはナゼ?

2015年06月29日(月)更新  読了時間:約4分
心変わりをもたらすきっかけって…?
心変わりをもたらすきっかけって…?
 告白の末に振られるのは切ないことですが、なかには、一度振られながらもその後付き合った…という話を聞くこともあります。そんな「起死回生」の恋愛には、どのような成功の理由があったのでしょうか。一度振った相手と付き合った経験のある人に、その理由を聞きました。

「私が別の人を好きだった期間も、その人に振られたときも、一定の距離を置いて友達付き合いをしてくれたから。無理に迫られたりしていたら付き合ってなかったと思う」(山形・32歳女性)

 しつこくない範囲で、一定の距離を保つ。それがのちの逆転につながったんですね。

「好きな人がいたので振ったのですが、『そいつが誰かも聞かないし、絶対忘れさせてやるから付き合ってほしい』と言われて。しかしその彼とは遠距離になってしまって、気持ちの維持ができなくなったので別れました」(神奈川・30歳女性)

 そんな風に言ってくれる人がいてうらやましいです! 結局は別れてしまったようですが、「誰かは聞かない」というのも男らしくてカッコいいですね。

「彼の粘りに負けた。振っても振っても何回も告白された」(北海道・39歳女性)

 やはりこれが王道パターンでしょう。とはいえ、あまりしつこくやるのもまずいですから…その加減が難しいですね。

「一度告白された時は『友達にしか思えない』と振った。しかし、それ以降話す機会が減ると寂しくなった。正直、恋愛感情はなかったけど、彼と距離を置くくらいなら付き合おうと思った」(千葉・24歳女性)

 恋が芽生えたわけではないけれど、友達関係を維持するために付き合ったということですかね。これは何とも複雑なケースです。 

「告白された時は交際を意識できなかった。ただ、しばらく経った時に人肌恋しくなり、ついその子に連絡してしまった…。その後は責任を取って交際した」(東京・31歳男性)

 男性が一度振った女性と付き合う場合には、こういう理由もありそうです。

「告白してくれた女性の性格や容姿に問題はなかったが、その時は仕事に一杯々々でつい振ってしまった。仕事が落ち着いた時に思い返すと、もったいないと感じ改めてこちらから告白。無事付き合えた」(新潟・29歳男性)

 恋愛モードの浮き沈みにより起死回生の交際が始まったケースも。逆にいえば、相手のモードをきちんと見極めて告白しないともったいないということですね。

「大学時代、私に告白してきた2歳下の男の子。その時は正直ダサくて、迷わず断ったのだけど、それが悔しかったのか、2ヵ月ほど経つ間にファッションや髪型がみるみる変わっていった。その後もう一度告白してきたので、今度はOKした」(静岡・31歳女性)

 振られてからガラッとレベルアップする男性は確かにいます。もう一度自分に告白してくれないと、最初に振った女性は少し損した気分になるかもしれません。

「出会って2回目で告白してきたので『早すぎる』と断った。そんな男はどうせ遊び人だと思っていたが、彼はその後もずっと自分にアプローチを継続。次第に自分の考えが変わって付き合うことにした」(東京・27歳女性)

 一般的には早すぎる告白でも、彼の覚悟は本気だったんですね。女性も時間が経つうちにそれを理解したのでしょう。

「会社の同僚に告白されたが、その時はいまいちピンと来なくて断った。しかし、ある時仕事で一緒になることがあり、行動を共にすると、彼が意外なほど男らしいことが判明。それまでは部署が離れていたため、プライベートで会うことがほとんどで、彼の仕事姿は見たことがなかった。一気にイメージが変わり、私から交際をお願いすることに」(神奈川・31歳女性)

 意外な一面を見てグッとくるパターンもありますよね。むしろ告白前に、その一面を見せれば良かったのに!


 粘りに粘って逆転の交際に発展するパターンばかりではなく、タイミングや心境、お互いの関係性の変化から「やっぱり付き合いたい」と心変わりすることも多いよう。人の気持ちが変わるきっかけはたくさんあるということですね。あきらめずに頑張りましょう!
(有井太郎+プレスラボ)
初出 2013/9/28
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長